バレリーナのように優雅にそして努力を重ねる企業弁護士

顧問弁護士を雇うべき3つの理由

顧問弁護士の仕事は何か、その費用はどれくらいかかるか

トゥシューズでのポーズ顧問弁護士とは、継続的に会社の法律問題について相談を受け、アドバイスを行う弁護士です。
その主な仕事は様々な法律相談に応じること、契約書のチェック、訴訟対応や社内体制の構築などその会社の法律にかかわる問題に幅広く対処します。

弁護士を企業の顧問に雇うメリット

顧問弁護士がいることによるメリットは次のようなことがあげられます。
まず、原則として何かあればすぐに無料で相談することができます。
初めて弁護士に相談する場合は法律事務所に連絡し、相談できるかどうかを確認し、そのうえで費用をたずねて相談の日程を決めるという手順が必要になります。
それらをすべて省略することができるのです。

法的リスクの相談役としての弁護士

次に、会社の業務内容や社内事情に通じた弁護士に相談できます。
初めての弁護士であればそうしたことから説明して理解を得なければならず、肝心の相談業務までに時間がかかってしまいます。
問題に迅速な対応が必要な場合これでは不利です。
弁護士が内情に精通していれば実態に即した対応を迅速にとることが可能になります。

企業向け弁護士サイト(引用・参考)

早さが違う! 丁寧な対応も可能

第三に、弁護士と普段から気軽に相談できているために信頼関係を構築しやすく、契約交渉や紛争予防に関して適切なアドバイスを受けやすくなります。
顧問契約を結んでいれば、かなり複雑な問題以外はメール等で素早く相談することも可能です。
さらに、法律問題が発生した場合、経営者は大きな負担を強いられ、本来の活動である経営に支障が出る恐れもあります。
しかし、弁護士にその問題をまかせられれば、負担が減って事業に専念できるようになります。

中小企業だからこそ顧問弁護士を雇う

また、大企業であれば社内に法務部を設けて優秀な専門家を雇い法律問題に対処することも可能ですが、多大な費用がかかるため、中小規模の企業では費用的に困難なことが多いのも事実です。
その場合、顧問弁護士契約を結ぶことにより、企業の法務部の一部として機能させることも可能であり、専門の法務担当者一人を社内に雇うことに比べると、はるかに少ない費用で大きな効果を期待できます。
一方、デメリットは毎月法律問題や事案処理、相談など弁護士にかかわる仕事があるわけではないのに、高額な固定の顧問料が発生するということです。

顧問料の相場は月に数万円程度

現在の顧問料の相場はだいたい3万円~5万円といわれています。
月々の相談があるとは限らないのにこの費用を負担するのが会社にとって適切かどうかは、判断の分かれるところでしょう。
法律事務所によっては、さらにリーズナブルな値段で顧問を引き受けてくれるところもあります。
顧問契約を結ぶさいにいろいろと調べてみることは大切です。

新しい弁護士事案

  • child220

    企業法務における弁護士報酬は法律顧問契約にするのがリーズナブル

    企業弁護士は中小企業が負担できるコストに見合っているのか? 企業法務における弁護士の必要性は事業内容の複雑化や …

    続きを読む...

  • white220

    「化学業界」における顧問弁護士の業務とは?

    化学業界の企業弁護士の業務は意外と国際的です この業界の企業は、原材料に化学変化を加えて商品を製造し、販売する …

    続きを読む...

  • light220

    「保険業界」における顧問弁護士の業務とは?

    保険業界で活躍する企業弁護士の業務内容 保険業界では大勢の企業弁護士が活躍しています。 損害保険会社や自動車保 …

    続きを読む...

  • solo220

    「金融業界」における顧問弁護士の業務とは?

    企業の顧問となって活躍する顧問弁護士 企業弁護士とは、弁護士資格を有しながら、普通の社員や役員のように企業に雇 …

    続きを読む...