紹介以外の顧問弁護士の探し方について

一般人が弁護士と接する機会はそれほど多くありません

一般的に、弁護士と出会う機会というものは、それほど多くはないというのが現状です。
初めて顧問弁護士を検討する場合の探し方としては、紹介という方法がもっとも多くなります。

知人からの紹介という出会い方

付き合いのある企業や、そこの社長さんなどから、顧問契約をしている弁護士を紹介してもらうというパターンです。
ただし、紹介の場合には、いざ顧問をお願いして、自社に合わないと感じても、なかなか契約を解除しにくいというデメリットが存在します。

インターネットで探す方法

 その点、インターネットを利用して、顧問契約を結ぶ弁護士を探す場合には、誰かの紹介というわけではありませんので、契約後に自社に合わないと感じた場合には、簡単に契約を解除することができます。
最近では、「顧問弁護士」で検索すると、顧問契約を誘引している弁護士事務所のホームページを、複数見つけることができます。
 ホームページで探す場合には、顧問料なども記載しているところがほとんどですので、かかる費用に関しても、事前に確認することができるというメリットがあります。
ただし、ホームページで感じたイメージと、実際の弁護士事務所とに、ギャップを感じる方も存在しています。

商工会議所や弁護士会を通して紹介を受ける

 そのほかの顧問弁護士の探し方としては、各都道府県などに設置されている弁護士会や、市役所などが行っている有料・無料の法律相談を利用するという方法があります。
ただし、どのような業務に精通している弁護士が、対応するかどうかがわからないというデメリットがありますので、そういった法律相談を利用される場合には、「中小企業向け法律相談」もしくは「起業家向け法律相談」といった、相談対象が明確にされている法律相談を利用する必要があります。

これまでの実績を重視して選びましょう

 会社の顧問をお願いする弁護士という性質上、企業の法律問題に対応することができる、弁護士であることが条件となります。
弁護士には、得意分野というものが存在しているということを認識しておきましょう。
そして、得意分野とは、個人の法律問題を得意とする弁護士と、企業の法律問題を得意とする弁護士の2種類に大別されます。
 探し方としてもっとの多い紹介の場合でも、インターネットで探す場合にでも、その弁護士事務所の実績を確認し、企業としての法律問題に対応できる弁護士を探すことが、重要なポイントとなります。
経営者の方は、法律的な面からアドバイスを受けることによって、ビジネスを円滑に進めることが可能となります。
業界知識に精通していて、気軽に相談することができるということが、顧問の弁護士に求められる資質となります。