中小企業のための企業法務に強い顧問弁護士の選び方

大規模な損失回避が顧問弁護士の役割

中小企業は弁護士と顧問契約を締結すると、商取引における紛争を予防し、リスクヘッジをすることができます。
契約書の内容のチェックも弁護士にしてもらえますので、契約における安全性を高めることにもつながります。

企業法務に強い弁護士を選ぶ

中小企業が顧問弁護士を選ぶ際には、企業法務に精通している弁護士を選ぶことが大切です。
弁護士にはそれぞれ得意とする専門分野があり、離婚問題に強い弁護士や医療訴訟に強い弁護士などが存在します。
中小企業の顧問弁護士は、商法や会社法、税法などの商取引に関する法律に精通している弁護士が相応しいです。
このような弁護士は企業法務に強く、顧問契約を締結すると、中小企業の経営者の良きパートナーとして、中小企業の業務全般をサポートしてもらえます。

海外向けと国内向けではビジネスで求められる法律知識も異なる

外国との貿易を行なっている会社は、国際法や国際商取引の法律に詳しい弁護士に顧問弁護士になってもらうと、国際商取引における諸問題を解決できます。
海外の企業とトラブルになると、膨大な違約金や損害賠償を請求されることが多いですが、弁護士がこのようなリスクから会社を守ってくれます。
弁護士と顧問契約を結んでいるといつでも相談をすることができ、海外の企業と契約を締結する際には、契約の現場に同行してもらうことも可能です。
外国語が堪能な国際弁護士は外国語で書かれた契約書をその場で翻訳できますので、こちらに不利な契約を締結される心配はなくなります。

M&Aや特殊な商取引にも対応します

企業法務に精通している弁護士は、企業買収に伴う法律にも詳しいです。
弁護士からのアドバイスを受けることによって、企業買収を成功させることができ、業務を拡大できます。
企業買収を成功させるためには、企業買収の経験が豊富な弁護士と顧問契約を締結することが欠かせません。
国際商取引はスピードが命ですので、フットワークが軽くて仕事が早い弁護士を選ぶことが大切です。
仕事が遅い弁護士を選んでしまうと、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまいます。
若い弁護士はフットワークが軽くて勉強熱心ですので、若い弁護士に法律顧問になってもらうことが望ましいです。

女性社長には女性の弁護士もおすすめ

最近は女性の弁護士も増えています。
女性弁護士は有能な人が多く、仕事が丁寧なことが特徴です。
女性弁護士は親身になって対応してくれますので、法律顧問として相応しいです。
中小企業が弁護士を探す際には、法律事務所のホームページを閲覧して、いろいろな法律事務所を比較すると、法律顧問として最適な弁護士が在籍している法律事務所が見つかります。